看護師の歯科への転職について

歯科に興味がある方は必見!

看護師の歯科への転職について

現在病院の看護師として働いているものの、歯科での仕事に興味を持っているという看護師の方もいるかもしれません。 歯科では非常にたくさんの職業の方が働いており、歯科医だけでなく歯科技師、歯科衛生士、そして看護師も求められています。

近年は訪問歯科というものも注目されており、看護師が担当する役割も大きいものになってきました。

一般的な個人病院である歯科で看護師が働く場合、歯科助手として採用される形になるでしょう。 そのため、仕事の主な内容といえば歯科医の助手であり、看護師としての資格は活かせない仕事内容も多くあります。

看護師としての資格を活かしながら歯科で働きたいと思っているのであれば大学病院や総合病院の口腔外科を選択すると良いでしょう。 他には美容専門の審美歯科や大きな個人病院の歯科でも看護師資格を活かして働ける仕事があります。

具体的にどのような業務を担当することになるのかというと、一般的には麻酔、器具の準備から洗浄・消毒、口腔ケア、バキュームなどです。 手術して治療をするような職場で働いている方は手術のサポートや、点滴、血圧測定、注射なども担当する形になります。

実は、歯科助手として働く場合には必ずしも看護師の資格が必要なわけではありません。 何の資格も持っていなかったとしても歯科助手として働くことができるのです。

しかし、看護師資格を持っていると転職において有利になるのは間違いありません。 というのも、歯科医は歯科に関して精通した知識を持っているわけですが、治療の最中に患者さんの容態が悪化するなど緊急の事態が発生してしまった場合には看護師の方が最適な処置ができるケースも多いのです。

そういったことから看護師を積極的に採用している歯科もたくさんあります。

病院と歯科医院との違いといえば入院設備のない歯科医院であれば夜勤がないということです。 どうしても夜勤が合わずに病院を辞めてしまったというかもしも多いので、これも大きなメリットだといえるでしょう。