活躍する場がひろがる看護師

看護師の活躍の場はどんどん広がっています!

活躍する場がひろがる看護師

看護師の資格は、取得するのは時間もお金も労力も必要とし、たやすいものではありませんが、持っているといくつになっても、再就職に有利な資格です。また、ここ数年で活躍する場が増えていますので、選択肢が広がっています。

10年ほど前までは、看護師といえば個人病院、総合病院の病棟、外来での仕事がほとんどだったと言えます。しかし、この10年の間に、高齢化が進むと予測され、高齢者のための福祉施設がどんどん増え看護師の活躍する場も増えました。

介護付きの、昔でいう老人ホームですと24時間体制で看護師も常駐します。介護の必要のない方でも、有料でいつでも医師に診てもらえることをうりにしたところもあります。そういったところは看護師も必要です。

グループホームも増えました。地域で、ヘルパーを利用しながら暮らしていこうというものですが、看護師が日中のみいるところも多いです。同じ地域でも、在宅介護をうけている方には、訪問診療をする医師も増えていて、看護師も同行しますから、在宅介護訪問のための看護師の募集もあります。

グループホームということで、ここ数年で障害者のグループホームも増えました。国が地域で暮らすことを目指す、と入所施設よりもグループホームを増やすことをすすめています。医療ケアの必要な場合は、看護師の常駐が必要です。

こういった、社会の必要、流れで看護師の活躍の場がひろがったとともに、最近の傾向として個人病院開業が増えていることもあげられます。総合病院でも、個人病院で診察を受けてから紹介状をもらって総合病院に来院することをすすめています。地域のかかりつけの病院をつくりましょうということです。

個人病院が増えれば、それだけ看護師も必要となります。活躍する場が増えたとともに、一度リタイアした昼間の時間しか働けない、という方も働きやすい場が増えたともいえます。ブランクがあり、昔のようには働けないな、と思っている方も諦めずに求人情報をみていくと、自分の希望する働き方が見つかるかもしれません。

看護師の給与は、ほかの職種に比べて高待遇ですし、看護師という職種は社会的にも需要の高い職業です。資格を生かして、社会貢献できる場が増えた今、積極的な社会参加を目指せます。