看護師転職を成功させるために!

看護師求人~転職を成功に導く履歴書や志望動機~

看護師が転職をしようとしても上手くいかない原因を分析すると意外ですが履歴書や職務経歴書の不備を指摘する面接官がいます。 ここでは【看護師が転職に失敗しないような履歴書や志望動機】についてご紹介いたしましょう。

まずは、転職を成功させる履歴署を書くポイントを説明します。 黒のボールペンを使ってバランスを考えながら、一字一字丁寧に記入しましょう。 特に看護師の場合は書類を他人に見せることが多い仕事ですから視認性も重要な判断要素になっています。

日付は面接に日に持参するならば面接の日付にしておきましょう。 郵送する場合は投函する日付にするのが一般的です。 細かいことですが、履歴書に記入する年号は元号か西暦か統一しておきましょう。

3カ月以内に撮影した印象の良い写真を利用して、裏に氏名を記入しておけば紛失対策も完璧です。 現住所は都道府県を省略せずに記載して、電話番号は携帯電話などすぐに連絡できる番号を優先しておきましょう。

連絡がつきやすい時間帯があるならば余白に記載していると好印象です。 職歴欄は勤務・退職などをキチンと記載して所属部署や所属診療科の名前も正式名称で略さずに記入してください。

バイト看護師が転職を考える理由はどういったものがあるのでしょうか? 「子育て」「妊娠」「結婚」「待遇への不満」「人間関係のトラブル」などがありますが、結婚や妊娠をきっかけに転職するケースが多いです。

女性看護師で子育て世代のママさんナースの場合は「夜勤がない」「託児所がある」「残業が少ない」勤務先が理想です。

看護師の中には自分のライフスタイルをそのままで仕事したい希望をもつ人が多いです。 ママさんナースで家事・育児と両立させるのは体力的にも厳しいです。 夜勤がないクリニック勤務をしたり、パート勤務を選択する場合もあります。

面接試験の場合に間違いなく聞かれるのは「転職理由」や「退職理由」です。 きちんと理由を述べられるようにしておきましょう。 「視野を広げたい」とか「看護師としてキャリアップしたい」など前向きな理由が望まれます。
大学病院 | 昭和大学 - 品川区

「職場の環境が悪い」とか「人間関係が悪い」と前の勤務先の悪口をいうのは面接官には悪い印象になりますからポジティブな理由を伝えて印象を良くすることに精力を傾けてください。 自己PRも大切で、<採用されたらどういった貢献ができるのか>も具体的に説明できるようにしておきましょう。

以上、【看護師が転職に失敗しないような履歴書や志望動機】についてご紹介いたしました。